ペットフードの選び方について

ペットフード選びは大切です。

「医食同源」という言葉がありますが、 これはペットフードにおいても言えることで、ペットは飼い主から与えられた食事のみで栄養を摂取していますから、ペットの健康管理は毎日の食生活で決まってくると言っても過言ではないでしょう。

 

そこで、ペットフード選びになるのですが、ペットには人間と同じものを与えず、専用のものを与えて下さい。

人間が必要とする栄養とペットが必要とする栄養では異なってきます。

 

例えば、人の食事は高線維質・低脂肪がよいとされていますが、犬や猫には人よりも多くの脂肪が必要です。

逆に線維質は少なくてもよく、その方がエネルギーを得て被毛と皮フの健康と、腸の調子を保つためによいのです。

例え飼い主が菜食主義であったとしても、犬や猫の食事にはお肉が必要となってきます。

また、人間と同じ食べ物がペットの健康を害することもるので、やはりペット専用のペットフードを与えることが望ましいでしょう。

 

このペットフードもどれも同じというわけではありません。

最近ではペットフードが問題と思われるアレルギーや胃腸病が増えているようです。

飼っているペットにどのペットフードが適しているかを見極め、きちんとしたものを与えてあげて下さい。

犬や猫のライフステージとライフスタイルが分かったら、ドライフードにするか、ウェットフードにするかを決めましょう。

洗顔石鹸