キャットフードについて

キャットフードとは猫用の飼料で、本来肉食性である猫に必要なタウリンなどを含む猫の飼育に適した組成が工夫されています。

その他のペット用の飼料は、主食として猫には適さないので注意が必要です。

 

昔は、猫の食べ物というといわゆる「猫まんま」が連想され、まさにご飯に味噌汁をかけたような残り物が主流だったようです。

それが、昭和50年代頃からキャットフードが一般的となり、現在では、猫の食事を改めて用意する人の方が少ないかもしれませんね。

キャットフードも、高級志向のもや柔らかめ、硬めなど様々なものが出ており、選ぶのに迷うほどです。

ちなみに、猫缶の多くはタイ産で、人間が食べるシーチキンに適さない赤身などを猫缶に利用しているとの話もあります。

 

大切なペットである猫に安全なものを与えたいと誰もが思うでしょうが、病死畜肉のキャットフードへの混入や、不正処理の問題など不安に思う人も多いでしょう。

安全なキャットフードを選ぶ目も持ち、愛猫に適したキャットフードを与えたいものです。

電話加入権不要 プロバイダープロバイダ料金