ペット保険の比較について

ペット保険は様々な種類がありますが、いくつか比較してみましょう。

 

まず、Petomo・ペトモは、掛金によって保障がはっきりしているのが特徴で、大型犬など治療費がかさむ場合には90%保障が有利でしょう。

また、日本アニマル倶楽部のPRISMは、入院・通院・ガン・死亡時どれを取っても保障がしっかりしているのが特徴です。

評価は他社を上回り、保障の上限はありますが治療費などは基本的に実費負担してくれるので助かります。

 

そして、ペット総合保険センターは、飼い始めの去勢・不妊・予防ワクチンといった初期費用を保障の対象としているのが特徴です。

保険の自体は、もしもの時の保険といった感じでしょう。

 

次に、犬の医療保障で見てみましょう。

Petomoのプレミアプランは、保障限度日数がなく限度額まで何度でも給付請求できるのが魅力です。

請求回数が気にならないので、気軽に治療が受けられます。

日本アニマル倶楽部のスタンダードプランは、通院・入院の保障限度日数が多く保障バランスがよいのが魅力です。

診断書料も給付されるので、気軽に給付金請求が出来るでしょう。

 

ペットライフジャパンのプレミアム70は、保障全体のバランスはなかなかよさそうで、アイペットクラブのお得プランは、動物病院で窓口精算ができるのが魅力でしょう。

ペットライフジャパンのスペシャルプランは、保障のバランスはあまり良くありませんが、掛け金が固定の定額保障のプランで、通院、入院ともに保障限度日数が多いのがメリットでしょう。

犬友クラブのプレミアム・Moreは、保障限度日数がありませんので、限度額まで何度でも給付請求できますし、通院共済の10万円で、各保障の不足分を補うことも可能です。

 

各社それぞれ特徴がありますので、ニーズに合わせた保険を選ぶとよいでしょう。

エステ